初めて来られた方は必ず「ごあいさつ」をお読み下さい。エントリーは作品のネタバレを含みますので、ご注意を!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集

小学館の発売予定に見当たらなかった「月館の殺人」下巻ですが、追加されたようです。


「月館の殺人」下巻

ISBN:4091883338 1,260 2006/07/28

月館の殺人 (下)  月館の殺人 (下)
綾辻 行人 佐々木 倫子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



価格が高めになってしまうのは、長くなった分仕方無いのかしら。
先日の綾辻氏インタビューでは、当初の予定より2話分長くなったそうです。
月刊「IKKI」2006年7月号には綾辻行人氏インタビューが掲載。
記事の末尾には、「下巻 7月28日頃発売!!」と書かれていたのですが……。
6月に入り、小学館のサイトに7月の発売予定表がアップされたのですが、その中に「月館の殺人」下巻のタイトルは無し。
遅れる、のかな?
上巻は8月10日と、IKKIコミックスのラインナップから少しずれた日に発売でしたので、下巻もそんな感じになるかも。

月館の殺人 (下)  月館の殺人 (下)
綾辻 行人 佐々木 倫子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


月刊 IKKI (イッキ) 2006年 07月号 [雑誌] 月刊 IKKI (イッキ) 2006年 07月号 [雑誌]
(2006/05/25)
小学館

この商品の詳細を見る
漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集


月刊「IKKI」の編集部のブログ、「イキログ」がスタートしました。


http://spn03068-02.hontsuna.net/

5月12日からオープンしていたようですね。
今後、「月館」下巻の情報なども読めるかも。
漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集

「IKKI」の公式サイト「イキパラ」がいつの間にかリニューアルしていました。

http://www.ikki-para.com/

連載の解説コーナーなどもできています。
「月館の殺人」はこちら。

IKKI 連載作品紹介-月館の殺人 佐々木倫子&綾辻行人

第一部完結の時の綾辻氏のインタビューの一部がコメントとして載っていますね。

今後はブログも開設されるようなので、引き続きそちらで「月館」関連の情報などが得られるかもしれません。


漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集

本当に、終わってしまいました。
「月館の殺人」。最終回のタイトルは「終着」。
あなたはもう読みましたか?どんな感想を持ちましたか?

単行本下巻は7月末発売予定。
連載は終わってしまいましたが、「完結&下巻発売記念企画」と題して、今後もIKKIではいろいろと「月館」関連のページが設けられる予定。
まずは次号('06年7月号)、「鉄子の旅」の菊池直恵氏による綾辻行人インタビューが再び。
第一弾となっているので、他にも続きそうです。

ともあれ、佐々木先生、綾辻先生、編集部の皆様、まずはお疲れさまでした!

下巻発売まで約3ヶ月。おまけ漫画やあとがきはあるのかな。
「Heaven?」のように番外編が収録されたりはするのでしょうか。
個人的にはちょっと悲しいラストだったので、登場人物(犯人も含め)そっちで救ってあげて欲しいのですが。


月館の殺人 (下)  月館の殺人 (下)
綾辻 行人 佐々木 倫子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



月刊 IKKI (イッキ) 2006年 06月号 [雑誌]月刊 IKKI (イッキ) 2006年 06月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集


現在発売中の雑誌、「Invitation」に、「月館の殺人」の担当編集者、神村正樹氏のインタビューが掲載されています。

特集「マンガという仕事」の記事「今だから明かせる、『月館の殺人』誕生秘話」です。
結構長いインタビューに加え、制作にあたって作られた資料用のオブジェや図面の数々もカラーで見られます。
作品中に現れるオブジェや、鉄道ジオラマの図面はIKKI編集長の江上英樹氏氏が描き、佐々木氏のアシスタントや、メチクロ氏(IKKI連載中の「ドロヘドロ」のキャラクターのフィギュア化企画ページ、「ドドド」を連載している造形家)により立体化され、作画の資料として使われているそうです。
幻夜号も、本物の鉄道模型をメチクロ氏が改造したものを資料に役立てているとのこと。
なかなか充実したインタビュー。「月館」ファンは必読ですね。


B000F6YO7YInvitation (インビテーション) 2006年 05月号 [雑誌]
ぴあ 2006-04-10

by G-Tools


2005年度版に続き、2006年度版もカードがプレゼントです。

一年間集めると更にプレゼントが当たるWチャンスのシステムも同じです。

今回のテーマは「たからもの」で、イラストの裏にはキャラクターが語る「たからもの」についてのコラムつき。
「月館の殺人」は、体操服姿で、郁恵ほかクラスメートたち(?)と運動場のトラックをランニングする空海。
彼女の宝物は、『友達』とか『学園生活の思い出』なのかな。
今度こそ当たりたいものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。