初めて来られた方は必ず「ごあいさつ」をお読み下さい。エントリーは作品のネタバレを含みますので、ご注意を!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集


第5話、列車内で起きた事件にからむと思われる、首都圏連続殺人事件。
第1話で空海が北海道に降り立った日のニュースや新聞でも、前日に被害者の遺体が発見された件の報道があった。
一年ほど前から起きているという、この事件について現時点で分かっている事をまとめてみる。

注意!この続きはネタバレです!!
[首都圏連続殺人事件まとめ]の続きを読む
スポンサーサイト
漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集

第2話、食堂車でのディナー。
男性陣はタキシード、空海は祖父のプレゼントのイブニングドレス。

テツたちに届いた招待状には、きっと「ディナーにはブラックタイで出席の事」と書いてあったに違いない。
そう、オリエント急行にはドレスコードがあるのだ。

VSOEでのドレスコード
http://www.orient-express.co.jp/trains/vsoe/aboard.html

おっさんが浴衣でうろつく日本の寝台車とは雲泥の差。
VIPも乗る列車ですからねぇ。

[オリエント急行とドレスコード]の続きを読む
漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集

本日発売、月刊IKKI8月号。
綾辻インタビューについては後日触れるとして、来月号のスペシャル企画第2弾の予告より。

来月号の企画は付録で、「月館本線路線MAP」のポスター。
「ボードゲームedition」となっている。つまり双六です。
書下しイラストも入るらしいです。
漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集

空海が育った沖縄に唯一走る鉄道として登場する、実在のモノレール「ゆいレール」。

この名前は愛称で、正確には「沖縄都市モノレール」という。
http://www.yui-rail.co.jp/index.htm

「沖縄都市モノレール株式会社」により運営され、『那覇空港』ー『首里』間15駅をを約27分で結ぶ。

各駅の装飾には沖縄の地域色が打ち出され、県の花や伝統舞踊をモチーフにしたアートガラスやシーサーが並ぶ。
第一話のカラーページに登場した『牧志』駅のカラフルな駅名表示は、久米島絣の文様。
『牧志』駅周辺は、那覇市内でも有数の繁華街。最初に出てくるファッションビルは、那覇OPA?

2003年(平成15年)8月10日(日)の開業。
それまで、沖縄には鉄道は無かったので、鉄道嫌いのみずほ母子も、鉄道に触れずに暮らしていけたわけだが……。
空海が母の妨害(?)で行けなかった首里城公園(世界遺産の首里城跡がある)の最寄り駅は終点『首里』。

さて、沖縄に鉄道がなかったのは、あくまで戦後の話。
戦前は、ゆいレールも走る那覇を中心に、県営鉄道が発達していた。
戦前の事なので、もちろん蒸気機関車も走っていた模様。
だが、戦争により破壊され、戦後も復興する事は無かったそうだ。

参考:
沖縄県営鉄道を訪ねて
(昔の県営鉄道の廃線跡を紹介しているページ)
http://homepage1.nifty.com/pyoco3/okinawa/okinawa.htm

amazon:沖縄 鉄道で検索
管理者は今までkotetsuと名乗っておりましたが、この度、train-bleuと改名する事にしました。

由来:
le train bleu(ル・トラン・ブルー)とは、フランス語で、意味は「青列車」。
パリから南仏へ向かう観光列車の名前であり、'88年の日本に来たオリエント急行の始発駅、フランス・リヨン駅にあるレストランの名前でもあります(このレストラン、あの映画『ニキータ」にも出てきたとか)。
「月館の殺人」のピアノバー車の車両はかつてle train bleuで使われていた物です。

変更理由:
大した理由では無いのですが、kotetsuというのがあまり考えずにつけた名前だった事、同じアカウントを使っている方が、小野不由美氏(綾辻氏の奥様ですね)のファンサイトにおられた事などがあって(もちろん私とは別人です)、何となく微妙な気持ちになったので変える事にしました。

このblogの内容には関係ありませんが、よろしくお願いします。



漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集


前エントリーの続き。
長いので分けました。


[バーテンダー・唐津の10冊の蔵書-2]の続きを読む
漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集
注意!ネタバレあり

第3話、ピアノバー車のカウンターにある、10冊の本。

バーテンダーの男性、唐津勘助(第6話で名前判明)の蔵書。
いずれもミステリである。

また、ストーリーに鉄道が登場するものも多い。
その10冊をご紹介。
かなり古い版の本が多いようなので、その版のデータと、現在手に入りやすいもののデータを併記しました。


[バーテンダー・唐津の10冊の蔵書-1]の続きを読む
漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集

月刊「IKKI」のサイトの告知によると、
来月号('05年8月号・6月25日発売)の特別企画「綾辻行人インタビュー」は、「with 菊池直恵」(『鉄子の旅』作者)となるようです。

菊池氏が綾辻氏をインタビューする形になるのか、お二人の対談形式になるのかは不明。

IKKI 公式サイト
http://www.ikki-para.com/

ちなみに「鉄子の旅」は7月に第4巻が発売予定。

漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集
注意!ネタバレあり


前回の『答え』はパズル本体のものだったが、IKKI編集部によれば、「このセットにはまだまだ秘密が隠されているかも知れません」ということらしい。

では、その“秘密”らしいものの一つを。
始めに言っておきますが第5話と第6話の完全なネタバレがありますのでご注意下さい!

[付録「プレミアム乗車セット」の秘密(2)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。